容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

創価学会の犯罪にあった時の国・行政の不能に対応

  1. 2011/02/21(月) 23:01:48|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:24


●もし・・・あなたが創価学会の被害に逢ったら・・・・。




創価学会の犯罪被害にあったら・・・・・。
まず 創価学会の組織的な犯罪のターゲットになった時点で
既に 長い期間 あなたのことを調査しています。
あなたの 好きな情勢のタイプや すべて調査しています。
驚かないことが大事です。




●警察に言っても まともに対応してくれません。
そこには 創価信者警察官がいると思って間違いありませんし
警察署の幹部が信者である可能性も高いでしょう。
とりあえず 住居侵入で石や金属のミクロの粉体を「バラマカレタ」
なら それで 警察に行って
誰がやっているかはわからないのですから 被疑者不明で
被害届を出します。
しかし 警察は被害届を受理しないと考えます。
そのような 仕組みになっています。




●ここで 大事なのは あなたが「刑事訴訟法」という本
専門家(大学教授が書いたもの4000円ぐらい)・・・・
高い金額の詳しい本を勉強してください。
※たとえば日本評論社 刑事訴訟法{第5版} 白取祐司著 3800円
※白取祐司・・・北海道大学大学院教授
なぜなら 警察は刑事訴訟法の専門書を読んでいる人は
少ないという私の印象です。
刑事訴訟法の 被害届とか告訴状のところを何度も読みます。
ある程度の知識を蓄えると 警察のもみ消しに対応できます。
※白取教授の本は なぜそのような法律があるのか?
法律の目指す意味を書いています。
ゆえに・・・告訴状の形式はどうでもよくて 警察に「追訴したい」
という事を伝えるのが目的であるので形式はこだわらない・・・
となっています。
警察 検察は「告訴状の書き方」ウンヌンを理由に 告訴状を
受理しないケースもあるようですが 専門家の本を読んでおくと
「そんな理由は理由にならない」と一蹴できます。
※読むのは 被害届と告訴状のところぐらいで構いませんし
警察官の「義務」のところも 楽しみながら読んでもいいですね。




●警察は被害届を受理しないはずです。
※「被害届」は被害者が警察に「被害」を申告するだけのことですから
本来は 警察が「不受理」ということは成り立ちません。
そこで 県警本部に電話をします。
そこで 警察本部の監察に電話します。
ここでも 「警察対応は適切」となります。
次に 都道府県公安委員会に電話して 「苦情申告」の文書を
送ります。
すべて 警察対応は適切となるはずです。
※都道府県公安委員会の目的は・・・。
政治的な・・・つまり政治力を持った者の犯罪でも正常に警察が
動くように または政治力がないものでも被害を正当に警察に捜査
してもらえるように・・・という目的のために 警察の不法行為
是正の仲介場所としてあるわけです。
公安委員は 県知事の推薦で県議会の承認で 3〜5人います。
地元の名士がなっていますが これをリードする公安委員会の事務官は
県警本部の「総務課」の警察官です。
ゆえに 申し訳ないことですが 「警察・警察官の不法行為」は
もみ消す事例が全国的な問題になっています。





●ここで この内容を簡潔に書いて 県知事に送ります。
秘書課に電話してもいいです。
県知事は 何の対応もしません。
選挙で 創価学会に世話になっている人が多いのです。





●その次は政府に手紙を書きます。
基本文を元に5通ぐらい書けばいいでしょう。
政権与党にも野党にも 書きます。
面接も要求しましょう。
全く 返事がないはずです。





●次に 法務省の人権擁護に電話 そして実際に行きましょう。
何の対応もしてくれませんが 以外にいい相談者の先生(民間人)が
見つかるかもしれませんが 何もできません。
たとえば 岩手であれば 盛岡の法務局で東北を取りまとめている
仙台の法務局に問題文書を送るか? 検討します。
大概は 盛岡の人権擁護の職員に創価学会信者が送られている場合が
多く なおかつ人権擁護の職員も創価学会の犯罪は知っていますので
後で意地悪や出世の邪魔にされないように 創価学会被害の「苦情」は
仙台に送られません。
東北ブロックを束ねる仙台に「苦情」が送られたら・・・・。
ファイルにとじられて 終わりです。
中央に届きません。
そのあと 文化庁の宗務課に電話します。
「警察に対応してもらってほしい」と言われますが
あなたは警察が対応しないので頼みたいといいます。
「政治的な部分で創価学会の犯罪には警察は対応しない」と
うったえます。
法務省には カルト宗教団体を「監視対象」にすることが
できます。
また 文部科学省は 宗教団体の監督官庁ですから
かなり力を持っています。
しかし 文化庁はこのように言います。
「 文化庁は宗教団体の個別な犯罪には監督権がない 」
これは ウソです。
文部科学省は 犯罪宗教団体を最高裁判所に「解散要求」を
出す権利があるのです。
また2009年7月ですが・・・文化庁の「宗務課」に電話した時
「政治力の関係で「警察不能」である」と訴えた時 
「内閣に文書をうちのほうから送っておきます。 創価学会の
幹部にさまざまな機会でお会いする時があるので 苦情の件を
話しておきましょうか?」と言ってくださいました。
(麻生内閣の時)
職員にもよるし 内閣にもよりますが 実は相手の省庁の義務を
明確にとらえると 官僚はやらざるをえませんし 警察のように
どなり散らしてあきらめさせるということはありません。
※ただし 「犯罪」は警察の仕事です・・・・という対処の仕方を
教えられていますので こちらは政治的なもので警察は動かないこと。
そして 文化庁で宗教法人を「認証」しているので国が監督官庁で
あるという理論を伝えれば いいのです。 
また 宗務課には 創価学会信者がいるかもしれませんが
電話内容を録音して 未来にそなえます





●後は大きな犯罪の後 これを繰り返します。




●インターネットのスクールに通います。
あなたが嫌がらせのターゲットに選ばれたのはインターネットが
苦手なことも理由になります。
勉強をがんばり安しょう。





●ブログを開設します。
さまざまなブログの会社がありますが
できたら 20〜30のブログを開設します。
ABCのブログは 細かい被害の解説。
これを 「 駅 」とします。
そのほかの 17のブログには 被害内容や 経緯
警察の不法行為 政府の知らんぷり を書いて
例文パターンを作って 17のブログに貼り付けます。
特に対応のひどい警察署や警察官の名前と発言を
「 例文 」の中に入れます。
行政ですから 個人情報ではないのです。
名誉棄損になりません。
17のブログは 「水が流れてくる入口」です。
17のブログには 「リンク」を貼り付けます。
ABCのブログのURLを張り付けて 「駅」の
文章を読んでもらえるようにします。
人気ブログランキングに参加するのもいいんですが
創価学会と政府 警察権力と日本の権力によって
数字がいじられます。
権力とはそのようなものです。
しかし めげずにやりましょう。
パソコンを複数持っていたら ブログを2倍作れます。
アドレスは・・・ヤフーでは10個持てます。
時間があったら 100のブログを作ればよろしい。
創価学会の被害をいっぱい書いても 効果はあまりありません。
警察
政府
警察の後ろの天皇権力のことを書きましょう。
「迂直の策」を使います。
とにかく たくさんのブログを作ります。
一日 5人が見ても 100ブログあったら 500人が見ているのです。
ブログが盛り上がらなくてもいいんです。
見てもらえばいいんです。
カウンターは 創価学会と権力に操作されて 少ない数しか
カウンターされませんが その辺は想像することです。
名前は あなたの名前に近いもの。
住所も本当の住所を書きます。





●本格的に 警察は創価学会の犯罪をもみ消しますので
地方裁判所に訴えます。
公安委員会の裁定も ひどいものだと思います。
警察庁長官と公安委員会委員長に手紙を書きます。
5回は書きましょう。
これも無視されますが ブログに書きます。
その次 社民党さんや共産党さんに相談に行きます。
すぐに効果がでなくても 相談に行きます。
政府・権力と遠い「ピリリと辛い政党」に相談します。





●警察と公安委員会を裁判にかけます。
不法行為が刑事訴訟法に違反していたら
迷わず 地方裁判所に訴えます。
★国家賠償法・・・という法律です。
基本的に賠償請求の「民事裁判」と同じ内容です。
三十万円の賠償請求ならば・・・・・
印紙代三千円ですみます。
裁判の相手は 警察に給料を払っている 「県知事」
になりますのでそれだけでも 警察はあわてます。
県知事も県庁もあわてます。
結果は天皇権力にまけるかもしれませんが 裁判をして
「不当な判決」が出たことが重要です。
負けても このような「不当判決」が出たとブログに書きましょう。




●警察へ行くと密室で 警察官によっては怒鳴ったりしてきますが
録音しましょう。
これを 再度県知事 政府 警察庁に文書で苦情します。




●道路上の組織的 車 人の危険行為は ビデオに撮ります。
この辺の数字の証明は 私にメールで相談してくれたら
数字の証明の仕方は教えます。
このビデオを警察に見せても訴えても 密室ですから
たらいまわしや相手にされませんし 数字上の説明が
わからないと突っぱねます。
捜査する気のない警察に説明をしても 無駄です。
水は水路がないと流れません。
警察も「環境整備」しなくては 疲れるだけです。





●尚 警察が創価学会の犯罪捜査をしないのは
天皇権力と創価学会の「密約」です。
天皇の子分の自民党が政権を取るためには 創価学会の
選挙協力が必要です。
選挙利権のために 天皇権力と「 密約 」しているのです。





それではまた
http://kouhou444.exblog.JP/

http://ameblo.jp/kannpisi999/

http://d.hatena.ne.jp/kouhou999/





■何かあったら 私に相談すればいいですよ。
なりすましの創価学会工作員は ご遠慮ください。

 
 

コメントの編集

秘密にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kouhou.dtiblog.com/tb.php/2-0a454ae6

佐賀県 - オークションワン

1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
  1. 2011/12/17(土) 01:08:46 |
  2. 佐賀県 - オークションワン

長野県 - ペニーオークション

あなたが欲しかったあの商品を手に入れる最大のチャンス!
  1. 2012/04/05(木) 16:59:33 |
  2. 長野県 - ペニーオークション

DTIブログって?